ご支援方法

ボランティアスタッフとして



ボランティアスタッフとして街頭で募金箱を持ち、募金を集めることで支援することができます。ボランティアスタッフとして参加する場合は事前のお申し込みが必要です。こちらのページをご覧ください。


ボランティアスタッフとして参加する

ご寄付者として



募金の当日、街頭で募金にご協力ください。また、当日配布しているパンフレットには振込用紙がついていますので、そちらから後日お振込みしていただくことも可能です。


募金の実施場所を見る



「あしながさん」として継続的な支援も

あしなが育英会では、遺児たちの進学の夢を、そっと継続的に支援してくださる方のことを、「あしながさん」と呼んでいます。(これは、アメリカの小説『あしながおじさん』にちなんだものです)
「あしながさん」からのご寄付は、奨学金として遺児の進学支援に使われます。

あしなが育英会のウェブサイトから、クレジットカードでお申し込みができます。また、コンビニや郵便局からのご送金、銀行の口座引落などでもご送金できます。詳しくは、あしなが育英会のウェブサイトをご覧ください。



私たちも応援しています

竹下 景子さん・紺野 美沙子さん

09年春の募金では東京・新宿駅でのセレモニーに「あしながさん」でもある女優の竹下景子さんと紺野美沙子さんが応援に駆けつけてくださいました。

「これからの日本を支える若者にできるだけの応援を」【竹下さん】
「遺児をとりまく環境は、日本の貧困問題」【紺野さん】
(09年4月)


桂 小金治さん

”あしなが運動”を飛躍的に前進させた落語家の桂小金治師匠は毎回東京・有楽町のセレモニーで声をあげてくださいます。
(12年10月)


西川 きよしさん

大阪・なんばのセレモニーには20年以上、タレントの西川きよしさんが来てくださっています。熱のこもった呼びかけに募金も続々と。
(12年10月)


ピカチュウ

震災遺児を応援している「POKEMON with YOU」プロジェクトの一環として、被災地での心のケアプログラムにも参加してくれたピカチュウが応援に来てくれました。
(11年10月)



学校内・企業内での募金活動について


あしなが学生募金事務局では、4月と10月の街頭募金へのボランティアとしての参加のほか、学校や企業内での募金活動も受け付けております。
募金箱やたすきなどの募金資材をお貸し出しできる場合もございます。
また、当事務局の学生スタッフが、ご説明に伺わせていただくことも出来ます。(時期・地域によります)
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ先

詳しくはこちらのフォームからお問い合わせください。
TEL:03-3221-7788 FAX:03-3221-0830