お知らせ

45通りの新たな想いを発信! ~全国各地の学生がクラウドファンディングに挑戦~

街頭募金を通じて遺児支援を行うあしなが学生募金事務局(本部:東京都千代田区、事務局長:岡本蓮)は、学生募金運動史上初の取り組みとして5月26日より実施しております、クラウドファンディングのプロジェクト「Ashinaga Global 100 Challenge」において、7月3日より新たに募金を開催する予定だった全国各地の事務局員45名のページを順次立ち上げます。




約600人の支援者から800万円を超えるご支援をいただきました

本プロジェクトは、株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区、代表取締役:家入一真)のグループ会社である株式会社GoodMorning(本社:東京都渋谷区、代表取締役:酒向萌実)様のご協力をいただき、当事務局と一般財団法人あしなが育英会が連携して取り組んでいます。7月2日24時現在、プロジェクトにご賛同いただいた「近藤三兄弟」・「日本学生eスポーツ協会」の皆さまのご支援額を合わせた、プロジェクト全体のご支援総額は8,296,280円、約600名の皆さまにご支援いただいております。これにより、現時点で約35名の高校奨学生に1年分の奨学金給付分を届けることができます。しかし、あしなが育英会から奨学金を借りる学生は約6,500名おり、更なるご支援が必要不可欠です。一人でも多くの奨学生へ奨学金が届けられるよう、7月31日までこの取り組みを続けてまいります。

45名のファンドレイザー、"45通りの想い"を全国・全世界に

今回新たにページを立ち上げる45名は、全国各地で活動する当事務局のメンバーです。
新型コロナウイルスの影響によって、4月に全国約300ヵ所で実施する予定だった街頭募金活動が全面中止となり、遺児学生たちの「学ぶ機会」を支えることが難しくなってしまった今、街頭募金に参加する予定だった全国各地の学生の想いをクラウドファンディングを通じて訴えます。
そして、今も経済的な理由で学ぶことを諦めようとしている遺児学生たちを支えていくため、それぞれのファンドレイザーがそれぞれの想いを持ってページを開設していきます。

クラウドファンディングへの参加方法に関しましては、下記バナーより特設サイトをご覧ください。
また、各学生のページには、親を亡くした子どもたちや親に障がいがある子どもたち、遺児学生など、当事者の声も掲載しています。

特設サイトはこちら(外部リンク)


プロジェクト概要


プロジェクト名:Ashinaga Global 100 Challenge
主催:あしなが学生募金事務局
目標寄付額:各ページ 100,000円
実施期間:2020年5月26日(火)~2020年7月31日(金)
寄付使途:今回のクラウドファンディングで頂いたご寄付は、​全額を一般財団法人あしなが育英会へ寄付し、同会が支援する病気・災害・自死で親を亡くしたり、親に障がいがある日本国内外の学生のための奨学金として利用させていただきます。
サイトURL:https://camp-fire.jp/goodmorning/channels/ashinaga

※今回の取り組みはAshinaga Global 100 Challengeの一環として、当事務局と一般財団法人あしなが育英会が連携して取り組んでおります。

お問い合わせ


本プロジェクトに関するお問い合わせは、フォームよりお願いいたします。

お問い合わせはこちら


一覧へ戻る