ブログ

第99回学生募金に向けて(後編)

 こんにちは!先日の前編に引き続き、本日は北海道・東北・関東・九州の各エリアで行われた会議の様子を、各エリアの広報担当がお伝えします。


北海道エリア

 北海道エリアでは9月28日(土).29日(日)の2日間で、第99回あしなが学生募金に向けてのエリア会議を札幌市内で行いました。内容を大きく分けて2つ紹介します。
 1つ目は、大学1年生の新しい仲間たちに対してあしながの活動紹介です。なぜ国内遺児を支援しているのか、なぜアフリカを支援しているのか、その背景について理解を深めました。
 2つ目は、2020年から施行される大学無償化について、自分たちの活動にどのような影響があるのか考えました。
 また、街頭募金の必要性、募金に対する自分自身の"想い"や、どのように街頭の方に伝えることができるかを、新入生含め真剣に考えました。
 今回のエリア会議では、みんなで活動に対する"想い"の共有を行い、今後の活動に向けて気持ちを固めました。この気持ちを忘れずに学生募金の準備を進めていきます。
(北海道エリア 佐々木)


東北エリア

 9月22日(日)・23日(月・祝)に、東北エリアでは第99回あしなが学生募金に向けた準備のための会議を行いました。この会議では、新局員の歓迎を中心に、丁寧な説明会と基本事項の確認を行いました。今年の春より局員の人数が増えて、活動が楽しみです!
 東北エリアの年間方針は「心築」です。この方針に沿って、この会議では局員一人ひとりのあしなが学生募金への想いを築いて、リフレッシュができました。
 また、東北エリアの局員としてではなく、各県の局員としての話し合いもできました。東北エリアの活動は6県に分かれるので、各県の魅力を考えた上で、東北に住む900万人の方にあしなが学生募金の活動を理解してもらうため、熱い想いを築きました。
 10月の募金当日に向けて、東北エリアとして一丸となって頑張っていきます!
(東北エリア ナオミ)


関東エリア

 関東エリアでは、30人程の新局員を迎え、2日間の第99回あしなが学生募金に向けた準備会議を行いました。今回、新たなエリア担当職員の方も加わり、今までにないくらいの人数で、ますます活気に溢れる会議になりました。
 会議では、新局員の皆さんにあしなが学生募金について詳しく知ってもらうため、支援してくださっているあしながさんについて知る時間や、国内外の支援先について知ってもらう時間を多く設けました。また、関東エリアの仲間入りをするにあたって、上級生たちと交流する時間を作り、上級生たちが何故この活動を始めたのか、続けているのか等を聞いてもらい、この活動を続けていく大切さを知ってもらいました。最後には、他のエリアでも頑張っている仲間たちがいることを知ってもらうために、東北エリアの方たちに向けてビデオメッセージを撮りました。東北エリアの方たちに"想い"が伝わっているといいです。新局員たちには、ぜひ上級生のような強い気持ちを持って活動していってほしいと感じました。
 新体制となったこのメンバーたちで、より一層募金活動に向けて気持ちを高め、頑張っていきたいと思います。
(関東エリア 中澤)


九州エリア

 九州エリアでは、9月21日(土)・22日(日)に、第99回あしなが学生募金にむけての準備会議を行いました!
 今回は、九州へ接近した台風17号の影響を受けつつも、今年から一般財団法人あしなが育英会の奨学金を利用し始めた、多くの学生が参加してくれました。
 会議では、異なる県のメンバーで班をつくり、九州エリア全体でこれから行うあしなが学生募金について考えました。最初は、募金の説明会だと表情が硬かった初参加の学生たちも、次第に打ち解けて同期や先輩局員との交流を楽しんでいました。
 これまで参加してきた先輩局員にとっても、新しい局員を迎えるにあたって、一緒に活動について考えたり活動を続けている理由を共有したりと、「仲間」になることに、一歩近づけるきっかけの会議になりました。
 これから、各地で当日に向けた準備が始まります。九州エリア一丸となって、第99回あしなが学生募金を成功させます!!
(九州エリア 上原)


一覧へ戻る